返済できるかどうか確認してから借りるべし

お金を借りる際には、返す目途があるかどうかを確かめてから借りるようにしたいものです。返す当てもないのに借りてしまうと、後々大変なことになります。当面の支払いに困っている場合は返す当てなど関係なく、とにかく今の状況を脱するために借りてしまいがちです。ですが、借りる前には一度冷静になってみる必要があります。

 

キャッシングやカードローン利用者は目の前の現金のことで頭がいっぱいという人が少なくありません。ですから、借りれるとなると限度額いっぱいまで借りてしまうケースがよく見られます。でも、本当に返せるのかどうか立ち止まって考えてみましょう。もし、返済が難しいということなら、絶対に借りるべきではありません。

 

キャッシングやカードローンを利用する際、返すお金として自分の給料やボーナスなど、ほぼ確実に入るお金を見込んでいるなら別に構いません。ですが、そうではなくて「ギャンブルで買ったときに返そう。」といったあやふやな返済モデルを考えているなら、借りるべきではないでしょう。

 

そんないい加減な返済計画ではまず返すことなんて無理な話です。借金には返済と言う義務が伴うものであるという当たり前のことを今一度、認識しておくべきです。
収入が多くないパートが使えるカードローンであるとしても、返済は第一に考えてください。